肥満体重の目安について

肥満とは通常、身体が太っていることと言う意味で使われており、多くの人がそう思っていることでしょう。

ただ体重が多いかどうかではなく、体脂肪率が高い状態であることが、肥満の条件になります。

肥満は、体重が多いこととイコールではありません。

筋肉が多くて体重があっても肥満ではありません。

しかし、その体重が重いということも、肥満の目安となるために決して無視できないものになります。

身長に対して太りすぎていないかどうかを知る尺度にはBMIがあり、客観的な数字て肥満かどうかの判断ができます。

身長の二乗で体重を割ることで、簡単ですけれどBMIが算出可能です。

身長から標準体重を求めたい場合には、身長×身長×22という式で求めることができます。

BMIは手軽に計算ができるというメリットがありますが、体重だけで判断するので、必ずしも正確であるとはいえません。

同じBMIでも、全身に筋肉がバランスよくついている人と、体脂肪率が高い人とでは、身体のコンディションはまるで違うものになります。

仮にBMIが標準値だとしても生活を見直すと食べ過ぎや運動測である場合には、体脂肪率もきちんと測ることをおすすめします。

肥満かどうかを知るには、身体の状態を計測する必要があるでしょう。

もしも、健康状態を改善したいと考えているならば、生活習慣を改善することや、栄養の偏りがない食事をすることを意識しましょう。